人気ブログランキング |

トリエステのワイン紹介シリーズ、その1。地元赤ワインの雄、レフォスコ!

イタリアの個性ある町を紹介するにあたって、地のワインは欠かせません。ところで、このブログでは僕が適当に飲み散らかしている様子を書いただけで、ちゃんと紹介したことが無いことに思い至りました。笑。という訳で何度かに渡り、有名ではないけれども「トリエステならでは」と言えるワインについて書いていきたいと思います。
a0286469_16441863.jpg
記念すべき第一回のワインは、僕のお気に入りブドウ「レフォスコ(Refosco)」にしましょう。赤ワインです。上の写真はトリエステの町からさらに東、スロベニアとの国境の直前にあるワイン蔵「パロヴェル(Parovel)」の大衆向けライン。

このレフォスコは、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州とスロべニアの一部でしか作られていないブドウです。歴史は古く、1347年にはその名が書類に現れています(ただし北方の町ウーディネ)。1800年代にはこの地方における高品質ワインの代名詞となるほどの人気っぷりだったそう。

現在、レフォスコの産地はアクイレイアやトリエステなど海沿いの地域と、ゴリツィア周辺以北の内陸部とに大別でき、海沿いの方が全体に香り高くサッパリしていると言われています。細かく分けると同じレフォスコでも、ブドウの房がぶら下がる枝が赤い「赤茎のレフォスコ(Refosco dal Peduncolo Rosso)」の方が美味しいワインができると言われ、重宝されています。
a0286469_17032425.jpg
少し紫がかったルビー色のワインで、タンニンの渋みよりも花開く香りやラズベリー系の爽やかな味わいを楽しむワインです。だからといって水っぽいわけではなく、そこそこ味の奥行もあります。あまり長期熟成されたものは見ないので、たぶん向かないんでしょう。5年くらい熟成された地元の有名ワイン蔵の高級ラインでも高くて一本20ユーロくらいと、適正価格を守り続けるまさに地元のワインと言えます。

僕は「この辺でしか作らないし、値段も妥当」という理由でひいきして飲み始め、今では飲むたびに「ただいま」と言いたくなるような定番のワインになりました。トリエステを訪れる際には、食事のお供にぜひお試しください!


人気ブログランキング
Commented at 2019-04-03 05:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mitsugu-ts at 2019-04-03 16:01
> 鍵コメントのEさん
コメントありがとうございます。別途メールにてお返事差し上げます。
by mitsugu-ts | 2019-03-31 17:20 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(2)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts