めっちゃ楽しい室内楽コンサート終了!

楽しみにしていた、シューベルトの「鱒」とメンデルスゾーンのピアノ六重奏のコンサートが終わってしまいました。あー、楽しかった!仕事がこんなに楽しくって良いのか!笑。
a0286469_16315238.jpg
メンバーはみんな音楽家の大先輩ばかり。ヴァイオリンのMi-Sa Yangは大阪生まれでパリ在住。可愛い笑顔と正確かつ大胆な弾きっぷりでみんなを魅了する素晴らしい音楽家です。ヴィオラのVladimir Mendelsshonはヨーロッパを世界を股に駆けて活躍し続けるマエストロ、ひょうきん者ですが深い音楽性の持ち主。「鱒」では時々、彼は暗譜で後ろの僕の方を振り返って一緒に伴奏づくりをしてくれて、楽しませていただきました。笑。
もう一人のヴィオラDavid Briatoreはトリエステの劇場の首席ヴィオラ、めちゃくちゃ上手いのに常に謙虚で人の良い、そして室内楽を愛する大事な同僚です。チェロのFrieder Bertholdはドイツ人なのに北イタリアに住み着いている人で、エモーショナルな演奏が特に素晴らしい!ピアノのAndrea Rucliはオーガナイズも務める多才っぷりでいながら、ほぼピアノ協奏曲と言ってしまっても良いメンデルスゾーンの六重奏を見事に弾ききる実力者。
a0286469_16315276.jpg
リハーサルもコンサートも、勉強になって、たくさん笑って、素晴らしい時間でした。個性がぶつかり合って、それが溶けて一つになる瞬間、これが室内楽なんやなー!
a0286469_16315263.jpg
朝はいつものトリエステの美術館での本番、午後はフリウリのコッリョ地帯にあるワイン蔵「Jermann」で、ワインの試飲と音楽鑑賞を組み合わせたイベントでした。お客さんは一曲ごとに、ワインと音楽の専門家が選んだ曲に合う一杯を味わいながらのコンサートです。「うちらも飲みたいね・・・」とはMi-Saちゃんのお言葉。笑。
a0286469_16533768.jpg
そんな願いが届いたのか、お土産に名前入り・木箱入りのマグナムボトルを頂きました。いつ開けようかなー!

コントラバスが入る室内楽の名曲を一気に経験できたこの素晴らしい機会、疲れましたが大満足しています。本当に有難い機会でした、またこんな楽しいお仕事ができるよう一層精進していきたいと思います!

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
by mitsugu-ts | 2019-01-29 16:58 | 音楽について | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts