年の初めにおバカなことを。急遽ボローニャ日帰り遠足!!

年末年始をコンサートで働いて過ごし、もう冬休みが終わってしまう!というタイミングで、さすがにずっとトリエステに居るのは面白くないと思い、妻と遠足の行き先を考えました。日数は無いので、日帰りか一泊で行ける場所が条件。僕らはスキーはしないし、こっちの「温泉」はどうせ温水プールだし・・・と決め手に欠けていたところで、昨年の秋からずっと探していたものを思い出し、片道300キロを運転して買いに行くことにしました。笑ってください、「ステンレス・ボウル」です。笑。
a0286469_17395100.jpg
ある日ふと、「卵を割ったりするときにあると便利じゃないか」と思いつき(今までは口が広いマグカップを使ってました)、軽い気持ちでトリエステ中の家庭用品店などを回って探したのですが、無かったのです。こっちのキッチンボウルの主流は、プラスチックか陶器製なんですね。プラスチックは熱いものを入れるのがちょっと嫌だし、陶器は重い。無いと分かると欲しくなるもので、イタリアで入手できるものを探したところ、無印良品ヨーロッパで取り扱っていることを発見しました。
a0286469_17395175.jpg
ネット通販でも買えたのですが、サイズ感がちょっと分からないし、ボウルをわざわざネット通販で・・・と躊躇していました。そこで「最寄りの無印店舗(ヴェネツィアも小型店がありますが、キッチン用品は扱い無し)」であるボローニャまで買いに行ってやれ、となったわけです。片道3時間、ガソリン代に高速代を考えると、まさに本末転倒。笑。

もちろんできる限りの観光も組み合わせました。ボローニャは何度か立ち寄る機会はあったのですが、観光はしたことがありませんでした。一番行きたかったのが、アルキジンナジオ館(旧ボローニャ大学)。こちらには「解剖劇場」という部屋があり、キリスト教の制約のもとで人体解剖に取り組んでいた進取的な気風を象徴する施設とのことです。
a0286469_17580542.jpg
同じ館の中には歴史ある重厚な図書館もあり、本好きの僕ら夫婦にはピッタリの見学場所でした。
a0286469_18035613.jpg
a0286469_18035777.jpg
他には本屋さんを巡ったり(古本屋さんが充実している印象)、セールが始まった店でショッピングをしたり。トリエステとは比べ物にならないほどに選択肢が多く、ショッピングが楽しいー!予定になかった冬用のコートや、まだ読んでいない村上春樹の新刊(というほど新しくも無い)の英語版の古本をお値打ち価格で入手できたり、大満足でした。

4時間ちょっとの滞在でしたが、有名な教会2か所や斜塔もしっかりチェックできたし、あとはボローニャ名物のご飯を探すのみ。スープに浮かせたトルテッリーニ(小さい包みパスタ)と、ボローニャ風のラグーソース(ひき肉メインのソース)をお昼に。
a0286469_17443880.jpg
a0286469_17443615.jpg
勢いに任せて前日に決めてやってきたボローニャでしたが、遠出をした甲斐はありました。ステンレス・ボウルをさっそく使ってますが、ご機嫌です!笑。たまにはこうしてバカなことをしてガス抜きをしつつ、また毎日頑張りたいと思います。ありがとうボローニャ、ありがとう無印!笑。
a0286469_18082174.jpg
クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
Commented by milletti_naoko at 2019-01-14 18:20
みつぐさん、ずっとほしくて、そのためにそこまで遠出されるものは何だろうと
思ったら、なんとステンレス製のボウルだったんですね! 満足できるものが
見つかり(本当に気に入った買い物は後から見るたび、うれしいですよね。)、
しかも買い物や町の訪問が楽しめる充実した旅になってよかったですね♪

確かにステンレスだと軽いのがいいですよね。うちでは皆が、陶器製のサラダボウルを
ケーキづくりなどにも使っているので、わたしも最初は驚いたのですが、それで
作るのに慣れました。きれいな気に入った花柄に一目惚れして買ったサラダボウルは
軽くもあります。

大学図書館など、内装の美しさに感嘆しました。無印もあり、やはり
ボローニャはお店も文化も充実していますね。無印にはわたしも興味があり、
お会いしてみたいブログのお友達も住んでいて、おいしい普段着の日本料理のお店も
あるようで、わたしもいつかみつぐさんたちの旅も参考に、ボローニャに行ってみたいな
と思いました。ボローニャ・フィレンツェトレッキングや何かの会合のために足早に
訪ねただけなんです。

新年もよろしくお願い申し上げます♪
Commented by mitsugu-ts at 2019-01-15 17:43
> milletti_naokoさん
コメントありがとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

ステンレス・ボウルは日本では当たり前に使っていて、こっちでも探せばあるだろうという期待を裏切られたことから、ここまで執着してしまいました。卵を溶いたり片栗粉を溶いたりと大活躍しています!

ボローニャは街も見どころも小さくまとまっていて、半日滞在するだけでも満足感がありました。サルディの初日だったのもあって活気が溢れていましたよー!
by mitsugu-ts | 2019-01-09 18:14 | ヨーロッパの思い出 | Comments(2)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts