遊びながら勉強?ボードゲーム「スカラベオ」

年末の忙しい日々ですが、お陰様で健康に過ごしています。今日は、最近妻が買ってきたボードゲーム「スカラベオ(SCARABEO)」のご紹介。
a0286469_19471093.jpg
アメリカ生まれのこちらのゲーム、要するに手持ちのアルファベットでクロスワードパズルのように言葉を作っていき、点数を競うのです。イタリア語では使うのが難しいアルファベット(HやQ)は点数が高く、よく使う母音などは点数が低くなっており、もちろん短い言葉より長い言葉の方が合計点数が高くなります。

既に場にあるアルファベットで始めるか終わるかしなければならないので、しりとり的な要素もあります。毎ターン、自分が記憶している語彙を総さらいする羽目になるので、良い語彙の訓練になっているかもしれません。
a0286469_19471140.jpg
短い定冠詞(ilやla)もアリ、動詞の活用形もアリ、もっと言えば一般的なイニシャル言葉(IT=イタリアなど)もアリなので何かしら言葉は作れるのですが、ボード上のボーナス・ポイントを取りに行ったり次に続く言葉を優先したりと、戦略を考えるとなかなか一筋縄ではいきません。言葉好きの僕と妻にはピッタリなゲームですが、「そんな短縮形ねーよ!知らねえよ!辞書持ってこい!」とケンカになることもあります。笑。

日本には元祖英語版の「スクラブル」が良く知られているようですが、イタリア語を勉強しているみなさん、イタリア語版を入手して楽しみながら勉強してみてはいかがでしょう?

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
by mitsugu-ts | 2018-12-15 19:57 | イタリア文化・日本文化 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts