2018年の「トリエステ・フォト・デイズ」は日本にフューチャー!

この週末に正式に幕が切って落とされ、国際的な写真のイベント「Trieste Photo Days」が行われています。写真の中でも「都会的な」作品に焦点を当てたフェスティバルのようで、今年で5回目。実は去年、出版賞(フェスティバルが本を出版してくれる賞)を日本の写真家である大西正さん(公式ホームページ)が取っていたのですが、今年はその縁が繋がってか、更に日本への関心が強い回になっているようです。

まずは今大会のコンテストの審査員長として、大西さんのお仲間である鈴木達郎さん(公式ホームページ)が招待されました。さらに、お二人が所属するプロジェクト「VoidTokyo」の写真展が、トリエステ市の協力のもと東洋美術館にて行われています。
a0286469_01220644.jpg
この写真展のオープニング会見に、僕が通訳として呼ばれたのでした。市の文化相や県議会のトップなど豪勢なメンバーが列席する中、東洋と西洋の方法論や文化の違いなどにも言及する興味深い質疑応答が展開され、通訳としてはやりがいのある仕事でしたとも。笑。

お二人に加え、今年の出版賞の一人にも日本人の田中ヒロさんが選ばれ、トリエステにいらしていました。3人はワークショップや他の会場での会見や取材やで、かなりお忙しい日程のようです。実は僕もリハ+コンサートで忙しくしており、お三方とはコーヒー一杯しかご一緒できなくて残念だったのですが、三者三様に面白そうな方々でした。また是非トリエステに帰ってきてください!

トリエステ・フォト・デイズでは、他にも街中のギャラリーや美術館にて、かなりの数の写真展が開催されているようです。こちらがホームページ


人気ブログランキング
クリックして応援お願いします!


[PR]
by mitsugu-ts | 2018-10-29 02:32 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts