トリエステの名物肉料理の老舗「Da Siora Rosa」!

トリエステ名物のお店のスタイルとして、「Buffet(ブッフェ)」と呼ばれる食べ物屋があります。日本語では「食べ放題」という意味に取られると思いますが、ここトリエステでは何故か伝統的な「豚肉の煮込み料理」などを供する店という枠決めです。店の名前は「da(英語のfromの意ですが、イタリア語では「誰々のトコ」という使い方もアリ)+名前」という場合が多いです。
a0286469_14412487.jpg
こちらの「Da Siora Rosa(ダ・シオーラ・ローザ)」はつまり「ローザおばちゃんの店」という意味で、1921年の開店当時には本当にローザさんがいたそうです。
a0286469_14542982.jpg
名物は豚肉料理、冒頭写真の「カルダイア料理」はボイラーという意味で、豚肉やソーセージのおでんみたいなものです。肩肉やハム、舌なんかもありました。たっぷりのセナペ(マスタード)とクレン(西洋わさび)の粗削りをかけていただきます!
a0286469_14412095.jpg
他にもパンのニョッキやラザニアなど素朴な地元料理やトリエステならではのスープ「ヨータ」もあり、トリエステ名物をご所望の方には提案しやすいお店です。
a0286469_14412368.jpg
場所は超・中心地(中央広場から歩いて3分くらい)で、最近どんどん新しい店が増えているVia Torino(トリノ通り)の一角です。近年、改装工事を行い、それまではベンチ席に座ってワイワイやるような素朴な雰囲気だったのですが、今はもうちょっとオシャレに仕上がっています。こちらはカウンター。
a0286469_14412275.jpg
店員さんもとっても親切ですし、いつ行っても気持ちの良い店ではあるのですが、場所柄ちょっと値段が高くなりすぎてるかなー?昔(10年前)は「速い、安い、美味い!」店だったのに、今は「安い」とは言えません。観光客向けには当たり前の値段設定ですが、それだと地元の人間は使いづらくなっちゃうんすよね。しかし、名物のハムや豚肉の煮込みを挟んだパニーノなら、値段を気にせず楽しめます。カウンターでワインか小ビール一杯とこのパニーノってのが、トリエステでいう「粋」ってもんです。笑。

中心街でトリエステの名物料理を楽しむためのおススメの店の一つであることには間違いありません!これから寒くなりますが、煮込み料理で暖まりましょう!

ブッフェ「Da Siora Rosa(ダ・シオーラ・ローザ)」
Piazza Hortis 3
tell. 040 301460

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
[PR]
by mitsugu-ts | 2018-10-03 15:18 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts