スロヴェニア鉄道のイベントSL!

今回の旅の目玉の一つは、鉄道好きの父を蒸気機関車に乗せることでした。イタリアのフリウリ州でも時々は走らせているようなのですがイマイチ情報がつかめず。諦めかけていたところへ、妻がスロヴェニア鉄道の企画を見つけてきてくれました。
a0286469_15223455.jpg
国境の町ゴリツィアのスロヴェニア側の駅「ノーヴァゴリツァ」と、風光明媚な観光地ブレッド湖をつなぐ路線です。観光シーズン(5月から10月くらいまで)に、ブレッド側発の往復とノーヴァゴリツァ発の往復の旅程で、全部で10本ほど走らせているようです。僕らの日程に都合が良かったのはブレッド側から出発するものでしたので、復路(ノーヴァゴリツァ→ブレッド)のみを利用しました。
a0286469_15434646.jpg
a0286469_15223754.jpg
片道でも3時間ほどは乗っています。僕は型番のことまではよく分かりませんが、親父によると単なる観光列車より本格的な蒸気機関車だそうです。
a0286469_15223570.jpg
a0286469_15305934.jpg
路線はほぼ常に川沿いを行き、良い眺めです。この日はあいにくの雨でしたが、のどかな雰囲気はお分かりいただけるかと思います。
a0286469_15305710.jpg
客室もこのレトロ感、ただし乗り心地はまさに昔の汽車らしくあまり快適ではありません。暑いし。笑。トンネルを抜けるたびに窓を閉めないと煤で真っ黒になります。
a0286469_15434884.jpg
またこの路線は、「自分の車に乗ったまま!」運んでくれる列車も運行しており、すれ違いました。車でこのコースを行こうとすると(前にやりました)、結構な山越えがありしんどいので、このサービスは僕も利用してみたいですねー。
a0286469_15305637.jpg
停車中には、釜たきのスペースにも平気で入れてくれるルーズさ。笑。
a0286469_15223321.jpg
ノーヴァゴリツァから3,4回小さな駅に停車しつつ、最後に長いトンネルを抜けてブレッド湖の隣のボヒン湖の駅に長い停車。お土産ものや軽食を買うことができます。
a0286469_15434565.jpg
この列車、日本語はもちろん英語でも情報が見つけにくいです。僕の妻はスロヴェニア語ができるので、それで見つけられたようなものです。無責任なことは書きたくないので、詳細に興味がある方はコメント欄か、僕まで直接メールでお尋ねください!

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
[PR]
Commented by ねーさん at 2018-07-31 07:52 x
このSLは、かなり格好いいねー!
よい旅だったようで何よりです。ガイドお疲れさまでした。
Commented by mitsugu-ts at 2018-07-31 21:56
> ねーさん
今回も無事に楽しくすごせて何よりでした。またトラムが直ったら、みんなでどうぞー!
by mitsugu-ts | 2018-07-29 16:27 | ヨーロッパの思い出 | Comments(2)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts