講演「ムラカミハルキはかく語りき」をトリエステで!

一か月ほど前に、ファーイースト・フィルムフェスティバルに合わせてウーディネで行った村上春樹さんのイタリア滞在の様子や作家としての考えを紹介する講演を、トリエステでも行いました。
a0286469_16483068.jpg
まだ日本語から他の言語に翻訳されていないエッセイを中心に、村上さんが書かれた文章を僕が翻訳して、それについてコメントやちょっとしたエピソードを添えるというスタイル。イタリアにもムラカミ・ファンはたくさんいますので、とても興味を持って聞いてくれるのが伝わってきます。
a0286469_16482992.jpg
これで、ちゃんとした講演は日本の伝統音楽宮崎アニメに続いて三つ目。好きなことを好きに喋って喜んで貰える体験は、貴重です。ありがたい!もしイタリアの別の町でこんな催しを行いたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください!
a0286469_16482841.jpg

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
[PR]
Commented by ふみ at 2018-05-31 20:43 x
はじめまして!偶然このブログを見つけて、とても面白く読ませていただきました!
ご紹介された村上春樹のエッセイは「遠い太鼓」でしょうか?
私も今ローマに住んでいて、当時の村上氏の経験に共感したり爆笑したりしながら読みました。
イタリア(特にローマ)に対してやや辛口の記述が多かったこのエッセイ、
イタリアの人たちがどう感じたのか、もしよければ教えてください。

最後になってしまいましたが、コントラバス大好きです(聞くだけですが)。
オーケストラの中の低音がとても格好いいです。
そういう意味でもこのブログを見つけられてラッキーでした!

Commented by mitsugu-ts at 2018-06-01 15:27
> ふみさん
はじめまして、コメントありがとうございます。もちろん「遠い太鼓」も、参照したエッセイのうちの一冊です、おもしろいですよねー!イタリア人は、自虐ネタというか、イタリア国の愚痴を言うのが一般に好きだと思います。ですので、村上さんが書いていることにもバッチリ共感しているように感じました。
コントラバス大好きとのこと、通ですね!笑。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by ふみ at 2018-06-01 16:49 x
お返事ありがとうございます。
村上氏もイタリアの方がどう感じるか分かった上で、節度ある愚痴を書かれたのかもしれないですね(笑)。
たしかに、イタリア人の友達は良く自国への自虐ネタを言っています。
あの「笑い飛ばす」感じはなかなか素敵だなと思います。

トリエステも大好きな町で、これまで3回訪れました。
サン・ジュスト大聖堂のモザイクと運河のそばの正教の教会、プロシュート・コットの入ったパニーニなど
書ききれないくらい好きなものが多すぎます。
これからも楽しみに拝見します!

ついつい、たくさん書いてしまってすみません。
では。

Commented by mitsugu-ts at 2018-06-02 17:47
> ふみさん
なんと、トリエステもよくご存じなんですね!また近くまでお越しの際はぜひご一報ください。これからも、どうぞよろしくお願いします。
by mitsugu-ts | 2018-05-27 16:56 | イタリア文化・日本文化 | Comments(4)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts