トリエステの歴史的ヨットクラブでランチ。

ビジネスランチに通訳として同席し、トリエステで1903年から続く歴史あるヨットクラブのレストランで食事をすることができました。中心街のヨットハーバーの埠頭の先に建つ、レンガ色の建物です。ここはもう何年も前に、クリスマスコンサートで弾くことが何度かあり入ったことはありましたが、会員以外は入れないなかなか特別な場所です。勧められるままに前菜、プリモ、セコンドと三品。前菜盛り合わせ、アンコウとズッキーニのリゾット、天然の鯛の一種のグリル。
a0286469_16451082.jpg
a0286469_16451195.jpg
a0286469_16450828.jpg

特にリゾットが、絶妙の味付けとアルデンテの米とで大満足!日本の白米に慣れている人にはアルデンテの米は変な感じに思われるかもしれませんが、これはこれで米料理としては秀逸です。

食後は2階のテラスから、普段は見れないトリエステのヨットハーバーの眺めを堪能。ちょうど晴天に恵まれ、とても気持ちの良い時間でした!
a0286469_17100047.jpg
a0286469_17100151.jpg
冒頭にも書いたようにこちらは会員制なので、レストランで食事をするにも会員の誰かが居る必要があるようです。ヨットを持っている人なんてのは基本的にお金持ちなので、VIPな世界を覗かせていただけて面白かったです!

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
[PR]
Commented by wadako at 2018-04-18 10:16 x
こんにちは。
今朝は寒くて、コートを着て出勤しました。
料理が割とボリュームありますね。質実剛健、って感じ。
料理もさることながら、器が船会社のものみたいでかっこいいですね。
ワインはどんなでしたか?
Commented by mitsugu-ts at 2018-04-18 21:39
> wadakoさん
料理自体はそこまで高いわけじゃないんですけど、きっと年会費がいるのだと思います。ワインはコッリョのリボッラ・ジャッラでした!
by mitsugu-ts | 2018-04-15 17:12 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(2)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts