Kaneko Misuzu "Io, l'uccellino e il campanellino" 金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」をイタリア語に訳しました。

イタリア語では良い訳を見つけられなかったので、お気に入りの詩をイタリア語に訳してみました。原作のあどけない子供のような視線を大事にするため、できるだけ簡単な言葉を使うように配慮しました。

"Io, l'uccellino e il campanellino"

Per quanto io allarghi le braccia,
Non posso volare neanche un po'.
Ma l'uccellino che sa volare,
Non può correre veloce come me.

Per quanto io scuota il mio corpo,
Non esce nessun suono carino.
Ma quel campanellino che suona così bene,
Non conosce tante canzoni come me.


Il campanellino, l'uccellino, ed anch'io.
Tutti diversi, tutti belli.

-------------------------------------------------

Kaneko Misuzu (poetessa, 1903 - 1930)
Traduzione in italiano di Mitsugu
a0286469_18510190.jpg
原作はこちら。
「私と小鳥と鈴と」 金子みすゞ

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面(じべた)を速くは走れない。


私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、
たくさんな唄は知らないよ。


鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

-------------------------------------------------

うーん、やっぱり原作のリズムの良さには敵わないか・・・。原作を読んでいると、言葉が勝手に口から転がり出るような感覚を覚えます。すごいなぁ。


クリックして応援お願いします!


人気ブログランキング
[PR]
Commented by accaesse at 2017-09-10 07:47 x
いいですね!!!♪
声に出して読んでみました


Commented by mitsugu-ts at 2017-09-11 01:47
> accaesseさん
イタリア語訳も、読んでも規則性があるように考えてみたのですが、やっぱり原作には敵いません。金子みすゞ、他の作品もおススメです!
by mitsugu-ts | 2017-09-09 19:02 | イタリア文化・日本文化 | Comments(2)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts