ボーラ博物館、または風の倉庫。

昨日は若いお客さんがあったので、この前のNHKの番組にも登場した「風の秘密基地」へ遊びに行ってきました。
a0286469_23165544.jpg
この博物館(倉庫)は、完全に個人の趣味でやっているようなもので、予約が必須です。場所はトリエステ中心街のヨットハーバーから少し陸側に入ったところ。主催者のリーノさん(テレビに出ていたおじさん)は冗談好きで楽しい人で、風にまつわる面白いアイテムを色々と紹介してくれます。上の写真は、風で音を出して案山子の役割(鳥をおどろかす)を果たす、インドネシアの装置。
a0286469_22403331.jpg
世界中から、ここに風が集められてきています。日本からは富士山の風と、最近では渋谷の交差点の風が郵送されてきたそうで。「空のペットボトル」という表記を見咎めた税関とのやり取りなどもあったそうで、笑えます。
a0286469_22402812.jpg
写真も色々。
a0286469_22403088.jpg
絵葉書コレクションも素敵。
a0286469_22403575.jpg
文学に登場するボーラや、
a0286469_23052429.jpg
a0286469_23052195.jpg
学術的な観点からの資料も。なんと日本の大学の先生の論文がありました。

ボーラにまつわるアートも色々ありましたが、中でも印象に残ったのがこちら、目が見えない人のための「触れる絵画」。
a0286469_23051936.jpg
貴重品コーナーからは、ドイツ製の古い携帯風速計。素敵やん。
a0286469_23052601.jpg
塩田で水を汲み上げるのに利用されていた装置の模型。
a0286469_23165261.jpg
展示だけではなく、遊んだり作ったりもするコーナーもあり、訪問は1時間くらいかかります。たった一部屋ですが、とにかくコンテンツが凝縮されている博物館(倉庫)ですので、イタリア語が分かったほうが100倍楽しいです(リーノさんは少しは英語が話せますが、やっぱりイタリア語の方がノリが良いです)。

風が好きな方、ボーラが好きな方には絶対にオススメのスポットです!訪れてみたい、通訳付きでガッツリ楽しみたいという方、お気軽にご相談ください!

Museo della Bora (Magazzino del Vento)
Via Belpoggio 9, Trieste
http://www.museobora.org/

クリックして応援お願いします!


[PR]
by mitsugu-ts | 2017-03-06 23:44 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts