ムッジャのカーニバル2017。

トリエステ近郊でカーニバルのパレードを楽しむには、大きく分けて3か所あります。
一つは、トリエステの街中。大体、最後の火曜日(脂の火曜日、martedì grasso)に、Oberdan広場あたりでやってます。二つ目は、丘に登ってオピチーナ村(Opicina)で行われる「カルソのカーニバル(Carnevale Carsico)」。こちらは期間中の土曜日、今年は第50回という記念すべき年でした。そして三つ目、たぶん規模としては一番大きい、スロヴェニア方面の港町「ムッジャ(Muggia)」のカーニバルです。今年は、気合をいれてこの人混みに飛び込んできました。
a0286469_18183619.jpg
町全体が、カーニバルです。こちらムッジャはヴェネツィア共和国の影響が色濃く残る町で、だからカーニバルも盛り上がるのでしょう。
a0286469_18472234.jpg
カーニバルの王と女王。毎年、違う人が選出されるそうな。何を基準にするのかは、分かりません。笑。
a0286469_18471975.jpg
グループ毎にテーマを決めて、パレードです。一つのグループだけで通り過ぎるのに20分以上かかるのが、8グループ。僕らは3グループだけ見て、お腹一杯で会場を後にしました。笑。この上のグループは、滑り台を子供が滑って、火山の噴火をイメージ。全力でバカをやるって素晴らしいです。
a0286469_18472506.jpg
a0286469_19064335.jpg
a0286469_19064628.jpg
でかい装置の下では・・・
a0286469_19064073.jpg
いつも隠れて働いている人がいることを忘れないように。
a0286469_19291137.jpg
a0286469_19290894.jpg
a0286469_19291401.jpg
個人的には、いちばん笑えたのがこちらのお方。
a0286469_18183320.jpg
マイクのトラブルを修理してました。
a0286469_19350351.jpg
a0286469_19350001.jpg
写真をアップするだけでも一苦労なので、この辺で・・・。合計2000人以上いたらしいこのパレード、バンドやブラバンの演奏、踊り、ギャグなどなど、盛りだくさんですが、さすがに待ち時間と合わせて1時間半立ちっぱなしだったのはきつかったので、引き上げました。

夜はコンテストの結果発表やら、町全体でのディスコミュージックやらでさらに盛り上がっていたはずです、ムッジャ。僕も過去に一回だけ「夜のカーニバル」に行きましたが、酔っ払いの若者・中年・年寄りで物凄い事になっていました。

派手に騒ぎたい人には、ムッジャのカーニバルはおススメです!

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキングへ
[PR]
by mitsugu-ts | 2017-02-27 19:46 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts