むかし車だったもの。ドベルド湖にて。

トリエステの隣町、モンファルコーネとゴリツィアの間にドベルド湖(Lago di Doberdò)という、名所というには地味な湖があります。
a0286469_02011890.jpg
この湖が珍しいのは、川が全く無い湖でして、季節によって地下水脈を経由し水位が大幅に上下するという、カルスト台地特有の湖なんです。ショッピングセンターに足を延ばしたついでに近くを通りかかったので、初めて湖面まで下りてみました。車を道脇に停めて、カルストの山道を歩いて10分ほどです。下りきったところは散歩道兼サイクリングコースのようになっていて、散歩しつつ水面まで近づいてみました。
a0286469_02054882.jpg
上からみると分かりませんでしたが、湖のこっち側は葦がほとんど覆ってしまっています。この下も、水はあります。
a0286469_02054623.jpg
さて、満足して上の車道に戻るため来た道を登り始めると、途中でこんなものが目に入りました。
a0286469_02012180.jpg
うん?
a0286469_01560193.jpg
なんとまぁ、車の残骸です。まだ上の車道までは結構距離があるし、岩やら灌木やらもあるので、そこから落ちたとしたらハリウッド映画のようにゴロゴロ転がってきたんじゃないでしょうか。
a0286469_01555940.jpg
車種も何も分かりませんが、古そうです。
a0286469_01454692.jpg
a0286469_01455046.jpg
非常に虚しい空気が流れていて、怪談話のネタにでもなりそうなので、さっさと退散しました。この写真から車種や年代が分かるという方、ぜひ教えてください!

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキングへ
[PR]
by mitsugu-ts | 2016-12-13 02:09 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts