トリエステ・ウィーン間の移動方法まとめ(2016年11月)

もうすぐウィーンへ行くのですが、せっかく色々移動方法を調べたのでブログにまとめておきます。誰かのお役に立つかな?
a0286469_23042989.jpg
トリエステ・ウィーン直通
1 バス移動
どんどん勢力を伸ばしつつあるFlixbusが、祝日込みで毎日運行しています。スロヴェニアのルブリャナ経由。安く買えれば、片道25ユーロという破格のお値段。高くても50ユーロくらいみたいです。

トリエステ発は11時30分(ウィーン着18時30分)と22時30分(ウィーン着5時52分)。
ウィーン発は10時10分(トリエステ着17時14分)と23時(トリエステ着6時22分)。

追記(11月17日)
オーストリア鉄道(OBB)が運営している、HELLO BUSというのを発見し、今回実際にはこれを使いました。ヴェネツィアとウィーンを結んでトリエステも経由しているのですが、今のところあまり宣伝されておらず、ガラガラの気楽な車内でした。しかも値段が23ユーロと安い。Flixより値段の安さが安定してますし、今のところ一番後ろのシートを独占して寝っ転がったりもできちゃうほどの空きっぷりで、おススメです。ウィーンの発着も、中央駅のすぐ隣と便利。ルブリャナとグラツを経由。こちらも毎日運行で、

トリエステ発00時26分(ウィーン着7時51分、僕の便は7時半には着いてました)と12時26分(ウィーン着19時51分)。
ウィーン発9時00分(トリエステ着16時25分)、21時(トリエステ着4時25分)。

2 車移動
こちらもルブリャナを通過して、高速道路で5時間弱で着けるようです。スロヴェニア・オーストリア共に高速料金はあまり高く無いようなので、ガソリン代込みで片道60~70ユーロってとこでしょうか。
a0286469_23043034.jpg
ウーディネ経由
電車を使うなら、ウーディネを経由するのはまず必須です。トリエステ・ウーディネ間は一時間に一本以上走っていて、8.75ユーロ。

ウーディネ・ウィーン間ですが、思ってたより便が悪く、ウーディネを17時44分に出てウィーンに23時35分に着く電車がありますが、79ユーロからと割高。

夜行なら、ウーディネを22時47分発ウィーン7時55分着が早期購入で29ユーロ(ノーマル59ユーロ)で、お得感があります。

反対にウィーンからウーディネに帰るには、
6時25分発12時16分着(値段は高め)、14時25分発21時13分着(乗り換えあり、65ユーロくらい)、そして夜行の21時25分発6時23分着(早く買えば29ユーロ、ノーマル59ユーロ)。

ウーディネ・ウィーン間はバスもFlixbusやBaltourというのがありますが、乗り換え込みで14時間かかったり夜中の3時に目的地に着いたりとあんまり実用的じゃありません。バスなら、トリエステへ直行便で帰った方が断然良いでしょう。

言わずもがなですが、これらの情報は2016年11月現在のものですので、各々よく確かめたうえで旅程を立ててください!さて、イタリアでもう数コンサートこなしてから、クラシックの聖地ウィーンで弾いてきます!楽しみ!

クリックして応援お願いします!


人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by wadako at 2016-11-10 09:41 x
トリエステとウイーンの因縁もあり、赴任したときにはこだわってウイーン南駅からのユーロシティー Allegro ヨハンシュトラウス号でウーディネに着きましたが、トリエステ行きへの乗り換えでスーツケースの上げ下げが大変だった・・・。
Commented by mitsugu-ts at 2016-11-17 16:56
> wadakoさん
最近では、ウィーン中央駅と呼ぶようです。僕はトリエステからなら、直通のバスが一番良いですね。前は無かったのかな?
Commented by wadako at 2016-11-18 09:54 x
あの頃はまだそこまでの知恵がなかったので調べもしませんでした。ただ、Udineから、OBB(オーストリア鉄道)の国際バスでVilachに出て、そこから列車でウイーンへ行ったことはあります。イタリアに比べてオーストリアは鉄道インフラが脆弱で、時間はかかるし遅れるしで、バスの方が快適だと思います。
Commented at 2017-04-02 13:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mitsugu-ts at 2017-04-02 19:51
> 鍵コメントのR様、
コメントありがとうございます。別途メールにてお返事差し上げました。
by mitsugu-ts | 2016-11-01 23:29 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(5)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts