第55回国際芸術祭「Biennale」、ヴェネツィア!その3、Arsenale(アルセナーレ)

タイトルにはアルセナーレ(造船所)としましたが、もう少しジャルディーニ会場が続きます。メインの展示場を後にして向かったのは、小さな橋を渡った端っこ部分にならぶ国ごとの展示館たち。なんとなく好きな国である、セルビアの展示館に入りました。発泡ワインのコルク止めを潰して創ったカメや
a0286469_172401.jpg
古いカバンの留め金や蝶番で作られた動物たちや
a0286469_1725760.jpg
かみそりの刃を「ちょっと斜めに」壁一面にかけたアートや
a0286469_17261914.jpg
どう見てもキツネにしか見えない古い鉈など、
a0286469_17273552.jpg
僕好みの展示。写真は撮らなかったんですが、セルビアの子供たちが楽器を習い始める時の喜びの表情をや感想を撮影したビデオ作品もあり、全体的にとっても好印象でした、セルビア!

お次はこちらもなんとなく好きな国の一つであるルーマニア。会場には何も無く、5人のアーティストがビエンナーレの過去の有名な展示物を体で物まねする、という作品。よっぽど金が無いのか?と疑ってしまいました。笑。
a0286469_17285999.jpg

さてジャルディーニ会場を後にし、もうひとつの会場アルセナーレへ徒歩で海沿いを移動。豪華客船が旅立って行きます。
a0286469_17315767.jpg
アルセナーレ会場も、最初の部分は個人のアーティストの作品の展示です。黒人の髪型を色々にしてみた作品や
a0286469_17345319.jpg
プラスチックを溶かして作った人形たちが一杯の部屋や
a0286469_17392368.jpg
こちらは、16台の楽器で演奏する楽譜です!
a0286469_1741164.jpg
最後にはまた、いくつか国代表の展示館があります。これはインドネシアだったかな?壺で作った迷路。
a0286469_1744016.jpg
ラテンアメリカ館はとってもエネルギッシュ。このスパイスのアートが圧巻。匂いも強烈です。笑。
a0286469_17453028.jpg
11時に入場して夕方の5時まで、全力でアートを楽しめました!最後には僕も彼女も何が何だかよく分からなくなってましたが笑、天気にも恵まれ、素晴らしい日曜日になりました!言い忘れてましたが、写真はすべて彼女が撮影したものです。
a0286469_17465374.jpg
来年は建築の展示となるビエンナーレ、再来年がまた現代美術です。予定を合わせてヴェネツィアを訪れてみてはいかがでしょう!?

クリックして応援お願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by mitsugu-ts | 2013-11-22 17:21 | ヨーロッパの思い出 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts