第55回国際芸術祭「Biennale」、ヴェネツィア!その1、会場に着くまで

日曜日に、気合を入れて早朝に電車に飛び乗り、ヴェネツィアに行ってきました!お目当ては、11月24日をもって閉幕してしまう「ビエンナーレ」を見ること。有名な現代美術の展示会でして、国ごとの展示場があって「美術のオリンピック」とも呼ばれているそうです。
a0286469_15351750.jpg
トリエステを出発したのは朝6時40分の電車。朝日を背に、西に向かいます。
a0286469_1538268.jpg
しかし、さすがイタリア鉄道。ある駅で「5分遅れまーす」という放送の後で電車のエンジンが切られ、5分後には「もう10分遅れまーす」。こりゃだめか、と思っていたら、「快速が止まる駅に行く人は、次に通る快速(Intercity)に無料で乗り換えていいですよ」という放送。もちろんすぐに電車を降りて、ホームを移動。普段は快速が止まらない小さい駅でのこの処置、とってもラッキーでした。お陰で、30分ほど遅れてヴェネツィア本島に到着。今まで見たこと無かった、端っこのホームを発見しました。
a0286469_15563984.jpg
ヴェネツィア駅も改装中でして、ローマ広場方面にも新しいバールや店が!無印良品も発見。
a0286469_15581865.jpg
観光客の方にはもちろんS字型の大運河を行くヴァポレット(水上バス)がオススメですが、今回は気分を変えてローマ広場(駐車場やバス乗り場のある広場)からヴェネツィア島の外側をぐるっと回るヴァポレット(2番、外回り)をチョイス。色々おもしろい光景が見れました。こちらは警察署(Questura)。もちろんパトカーではなく、パトボートがずらり。
a0286469_1622053.jpg
ヴェネツィアにリニアモーターカー!?稼働してる雰囲気は無かったですが・・・。
a0286469_1642293.jpg
停泊中の豪華客船とヴァポレット。
a0286469_1653783.jpg
このラインの一番の魅力は、かのサン・マルコ広場に海側から到着する気分を味わえることでしょう。昔はヴェネツィアに着く旅人は、みんなこの景色を見ていたはずです。
a0286469_169997.jpg
a0286469_16102255.jpg
ここでヴァポレットを乗り換えて、ビエンナーレ会場の一つである「Giardino(ジャルディーノ、庭の意)」に向かいます。切符は1日券が25ユーロ(高い・・・)26歳以下の学生なら14ユーロでした。とりあえず、日本館へ!
a0286469_16173871.jpg
展示の様子なんかは、次回より!

クリックして応援お願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by mitsugu-ts | 2013-11-19 16:19 | ヨーロッパの思い出 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts