新記録、一日に5時間半の日本語レッスン!

昨日は自分の新記録を打ちたてました。朝に1時間半、夕方から3時間、そのあと更に1時間、日本語の授業を3つの学校べつべつにこなしました!先週のロシア演奏旅行の補講の関係で集中したんですが、しんどかった!!夕方から夜に4時間(2時間のクラスが二つ)つづけて教える日があった時もしんどかったけど、大幅に記録を上回ってしまいました。しかも、朝の授業の後はコンサバトリーに急いで、3時間のジャズの音楽史の授業を受けるという、ものすごく頭を使った一日でした。

(クラスの写真はすべて数年前のものです。もう時効だろう・・・。)
a0286469_1722012.jpg

今年は日本語の仕事を減らして、音楽の仕事を増やせたら、と思って新学期(9月から)を始めたんですが、結局古くからの生徒や新設の学校の要望に押し切られる形で、去年と同じクラス数開講しました。まったくの初心者レヴェルのクラスが多いのがせめてもの救い。上級クラスは、自分でもかなり予習と授業計画の確立をしないと、納得させるのは至難の業です。その点初心者クラスでは、だいたい教える事も決まってますし、質問されることも分かっているので、楽です。
a0286469_1784885.jpg
それでも、人前で喋って黒板に書いて説明するってのは、体力が要る作業でもあります。イタリア人相手にボソボソ喋ってるとすぐに集中力を切らせて勝手に喋りだしてしまうので、説明するときはセールスマンのように快活に喋り続ける必要があります。
a0286469_17133985.jpg
普通のアルバイトに比べたら、格段に時給の良いこのバイトが順調に続いているのは、僕にとって良い事だと思います。今までのところ、生徒もみんな良い人たちで、僕が音楽志向なのを理解して応援しつつ、授業日の移動なんかにも対応してくれます。感謝。

さて、今日は少年少女オケとのリハ、ブリテンのシンプルシンフォニーと、モーツァルトのヴァイオリン・ヴィオラのためのシンフォニアコンチェルタンテです。名曲ぞろいだ!

クリックして応援お願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by wadako at 2013-11-11 11:50 x
こんにちは。日本語の講座を持つところが3カ所ですか?私たちがいた頃は、たぶんてつさんが引き受けていた市民大学だけだったような。イタリア人やフランス人の日本への強い関心って、どこから来るんでしょうね?
Commented by mitsugu-ts at 2013-11-15 23:10
こんにちは!地道に増やして、いまや3箇所になりました。もちろんアニメやマンガから、興味を持ってくれる生徒がたくさんいます。それに加えて、日本は「東方の神秘の国」という良いイメージがしっかり根付いてますねー。
Commented by 石川 at 2013-11-17 11:45 x
頑張ってるね~。
黒板を見ると何を教えとんねん!!と気になるが。。。
Commented by mitsugu-ts at 2013-11-18 07:59
石川、普通に喋ってると気が付かんけど、動詞を「て、で」で終わる形(国語で言う連用形)は、外国人にとって難しいのだ!「死ぬ」は数少ない「ぬ」で終わる動詞やから、紹介する事にしているだけの事。笑いも取れるし。笑。
by mitsugu-ts | 2013-11-08 17:18 | イタリア文化・日本文化 | Comments(4)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts