Le Risorgive del fiume Timavo(ティマーヴォ川の再・湧き場)、イケア・リベンジの日曜日。

日曜日、彼女と一緒に早めに起きて、この前閉まっててがっくりと残念だったイケアに行ってきました。
a0286469_21464972.jpg
途中、せっかくなので少し寄り道、トリエステから海岸線に沿って20分くらい行くと着く、ティマーヴォ川が地上に出てくるポイントを見物しました。ティマーヴォ川というのはスロヴェニア領内から続いている川でして、カルスト地方では40キロにわたって地下を流れます。前に書いた、シュコチヤンの洞窟を流れているのもこの川です。それが、ここドゥイーノの郊外で、地上に出てくるんです。
a0286469_21494875.jpg
けっこうな勢いで湧き出していました。湧き水スポットの周りは、静かな林です。こんな倒れた巨木を発見、美しい!宮崎駿のトトロの世界ですね。
a0286469_21515361.jpg
春の若い緑がとっても綺麗!
a0286469_2153178.jpg
1483年に建てられた教会がすぐ脇にあります。石の積み方なんかが、独特の雰囲気をかもしだしています。何年か前に、ここでタンゴ・プログラムのコンサートに参加しました。
a0286469_2155961.jpg
a0286469_21555421.jpg
正面の祭壇の後ろには、昔は水が引かれていたのか?よく理由が分からない建物の基礎が残っています。
a0286469_2158453.jpg
昔、川に沿っての地下迷宮の入り口であるこの場所は、死後の世界への入り口と考えられていたそうです。40キロの地下の世界を旅する水、自然の不思議さ、偉大さですね!

さて気を取り直してイケアまでもはや慣れたドライブ。スツールを選んで、カーテンを選んで、トリエステの友人からのおつかいをこなして、今回はイケアでお昼ご飯も食べてみました。スモークサーモンのピアディーナ(丸く巻いたクレープみたいなもの)と飲み物とケーキで5ユーロは、確かに安い・・・。資本主義の賜物ですな。
a0286469_2223868.jpg
帰りは高速でひとっとび、スツールを組み立てて、コントラバス弾くのにも丁度良いのでご機嫌、少しジャズの勉強をしました。

車があるってやっぱり良い!思った時に自由に行動できるのが嬉しいです!今回のこの湧き水スポットも、車が無かったら辿り着きにくいと思います。ヨーロッパ、車があるといいですよー!

クリックして応援おねがいします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by mitsugu-ts | 2013-04-30 22:06 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts