番外編、アクイレイアの歩き方。

この前の記事の続きです!
イゾンツォ河口(Foce d'Isonzo)を後にして、20分ほど天気の良い田舎道をドライブすると、世界遺産のある村アクイレイア(Aquileia)に到着します。
a0286469_3351851.jpg
このアクイレイアというのは、知る人ぞ知るローマ時代の大都会でして、中世にかけても強い影響力を誇った町なのです。歴史の説明はもちろんウィキペディア、アクイレイアにお任せします!笑。

こちらの聖堂が、世界遺産に登録されています。無料で入れる聖堂の床は、4世紀から?のモザイク画で埋め尽くされています。
a0286469_34008.jpg
a0286469_3414794.jpg
a0286469_345969.jpg

さて、考古学的に興味深い部分は、有料です(と言っても3ユーロだけ)。入り口から左側、簡単な机の受付の奥です。今ある聖堂よりも前にあった聖堂の床も、モザイクで埋まっていたようです。こんな感じ。
a0286469_3483475.jpg
a0286469_3503613.jpg
a0286469_3522793.jpg
せっかくのモザイクの床をまったく気にする事なく、後から鐘楼が建てられたのが分かります。
a0286469_355599.jpg
a0286469_3564487.jpg

教会の奥には、こちらも貴重(らしい)壁画が見れるスペースが。聖人の骨で作ったレリーフなど、ちょっと気味が悪いものもありますが・・・。
a0286469_403296.jpg
a0286469_423282.jpg

昔の人は、こんなにたくさん石を並べたり、壁画を描いたり、そういった行為が祈りの一部だったんでしょうか?今でもアクイレイアは、歴史の面白さがビシビシ伝わってくるオススメのスポットです!

トリエステからは、電車で「Cervignano-Aquileia-Grado」という駅まで行って、そこからバスかタクシーで行くしかないので、行きにくいです。この近くは、僕のお気に入りのブドウ品種「Refosco」の一大産地でもあります。機会があったら、ぜひ訪れてみてください!

この日はその後、イケアに向かったんですが、なんと休みでした!してやられた!せっかくの完璧な遠足、最後に泥がつきました・・・。でも健康的で文化的で、良い休日だった!
a0286469_494617.jpg


クリックして応援、お願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by mitsugu-ts | 2013-04-29 04:10 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts