イースターのミサ(Messa di Pasqua)

3月31日はパスクア(イースター)当日でした。キリスト教にとっては、クリスマスと並んで大事な日です。この日はちょうどサマータイムへの移行も重なっていて、時計を1時間すすめなくちゃいけません。睡眠時間を1時間削られる計算です。

定例となっている、彼女の家族とのミサへと出かけました。クリスマスとパスクアには、トリエステ中心からバスで30分ほどの国境の村「Basovizza」の教会まで出かけます。
a0286469_21385374.jpg
今年は雨・風ともに強かったので、僕の車で行きました。この教会では、スロヴェニア語でミサが行われます。なので言ってる事はほとんど分かりませんが、オルガンと合唱隊による聖歌が多く、飽きません。彼女の親戚家族も、みんな合唱隊で歌っていました。
a0286469_21423378.jpg
ミサの後は彼女の家で、パスクアのお昼ご飯。本来のカトリックの伝統に照らし合わせるとこの日は子羊を食べるそうですが、僕らは普通の牛肉の網巻きや、もちろん卵や。ミサの間に、神父さまが祝福してくれるものの中に、卵、肉全般に並んで、トリエステのパスクアの伝統菓子「Pinza(ピンツァ)」があります。彼女のお母さんも、ミサにわざわざゆで卵とプロシュット、そして手製のピンツァを持参してました。こちらが、お手製のピンツァとプレセニツ。今年のは特に美味しい!
a0286469_2151053.jpg
昼食後はのーんびり、翌日の宴会の料理の準備などをして過ごしました。

今年のイースターはなんせ天気が悪い!良い休養にはなってますが・・・。

クリックして応援、お願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by mitsugu-ts | 2013-04-02 21:54 | 日々のこと | Comments(0)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts