人気ブログランキング |

ピッツェリア「ナンバーワン」のご紹介

初対面のイタリア人と話すとき、絶対にハズレの無い話題がいくつかあります。
「街で一番のジェラテリア(ジェラート屋さん)はどこか、何故か」と、「街で一番のピッツェリア(ピザ屋さん)はどこか、なぜか」の2つです。笑。盛り上がりますよー!

トリエステはイタリアといっても北東のはずれ、ピザの本場であるナポリやローマに比べると、ピザへの愛着はそんなに無いんじゃないでしょうか。それでも、イタリアですからピザ屋は何軒もありますし、各々お気に入りの店があって、話していて飽きません。今日は僕のお気に入りのピザ屋で食べてきました。その名もずばり、「ナンバー・ワン」といって、前述の9月20日通りの始まりすぐのわき道にあります。
a0286469_8294062.jpg

a0286469_8304718.jpg
まず、味が良い。ピザで大事なのは、生地です。ここは、生地が美味しいと思える。量産のピザなんかは、イーストがたくさん入って、急いで発酵させているために、食べた後に胃でも発酵が続き、喉がかわくんです。ピザ生地の質を見極めるためには、「食べた後に喉が渇かない」事が目安になるのを、覚えておいてください!

このナンバーワンでは、たいがいのピザ屋がそうであるように、40~50種類くらいのピザが選べます。スタンダードでシンプルなものから、ちょっと豪華なものまで、値段は一枚、大きいのが4~8ユーロ。まぁ安いです。
ここは、ぜんぜん観光客向けじゃない雰囲気も好きです。おっちゃんとおばちゃんと娘とが、レジの打ち方や注文間違いなんかでワイワイ言っている(南イタリアの方言です)のを傍目にピザを食う。庶民料理であるピザは、雰囲気あるレストランなんかで食べてちゃあ、イマイチ!
今日は「ノルマ」というピザを選びました。水牛のモッツァレッラ(Mozzarella di bufala)、ナスとプチトマトのごった煮、それに荒削りのチーズがたっぷりかかっています。うまい!この水牛のモッツァレッラ、値段も張りますが、やはり美味さが全然違う・・・。特にピザにのって溶けてる時に食べると、違いがはっきりすると思います。
a0286469_8411465.jpg
試した事が無い方は、「カルツォーネ」というピザを試してみて下さい。ピザ生地を半分に折って、中に具が入っている、言うなれば巨大餃子です。熱いもの好きの日本人にはたまらないと思います!

でっかいピザ(豪華版)2枚と水とワインで、21ユーロ。気取らない値段でしょー?
a0286469_8464623.jpg
ナポリ方言の禁煙プレート。ここの人々は、ナポリから来ているらしいです。トリエステで勢いあるピザを食べたい方は、中心街からも近いナンバーワンへどうぞ!

Pizzeria Number One / 移転しました!新住所はこちら「Via Nordio Aurelio e Fabio 5」前の店から、道が一本だけずれて、ホテル「Al Viale」の敷地内のようです。前の店みたいないい感じの場末感は無くなりましたが、ピザは美味しいままです!
tell. 040 768032
フェイスブック・ページ

よろしかったら、クリックして応援おねがいします!↓

人気ブログランキングへ
Commented by TK at 2015-05-04 03:33 x
初めて書き込ませていただきます。ウィーン駐在中のTKといいます。こちらのブログを拝見して、先日トリエステを訪問し、ナンバーワンでノルマを食べ、トラムに乗って丘に登り散歩をし、シナゴーグのガイドツアーに参加してと、大変充実したひと時を過ごすことができました。ウィーンからは車で休憩を挟んで5時間ほどでした。内陸国から行くと雰囲気が違ってよい気分転換になりました。またぜひ訪れたいです。
Commented by mitsugu-ts at 2015-05-04 16:04
TKさま、トリエステ満喫されたようで何よりです!ウィーンからは、電車でも乗り換え込みで6時間ぐらいだったように覚えています。一度、コントラバス担いで電車移動しました・・・。今度は海水浴でもしにいらしてください!
by mitsugu-ts | 2013-01-31 08:50 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(2)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts