オステリア・スカルポン

昨日は、久しぶりに新しい店で外食をしました。
最近は日本語コースの前半期終了、自分の勉強のために録音を作る、などなどと忙しく、ブログを書く暇もなかったんです。昨日、日曜日は久々の休日、日本語授業の自分打ち上げのために「ルブリャンスカ」という暴力的とも言える肉料理を食べに行こうと計画してたんですが・・・電話かけても出ない!冬季休業なのか?トリエステ郊外なので無理して遠出はせずに、市街にある行ってみたかった食堂に出かけました。
「Osteria de Scarpon」といって、左にあるリンクの「トリエステの歩き方」にてコジコジさんも絶賛でした。
a0286469_1703263.jpg
肉と魚の家庭料理、と謳われていますが、実際は魚がほとんどなようです。

メニューは口頭でしか言ってくれず、イタリア語が出来ない方はちょっと苦労するかも・・・。でも恥ずかしがらずに聞けば、なんとか教えてくれるもんです、客商売ですから。僕と彼女は前菜はパスして、プリモ(一皿目の料理、パスタや米料理などを指す)の中から、オススメの「スパゲッティ・スコーリョ(貝類のスパゲッティ)」と(写真がうまく撮れてなかったのでコジコジさんのを拝借・・・)
a0286469_176661.jpg
「ニョッキ・ディ・パーネ(パンのニョッキ)、ブランジーノ(ヨーロピアン・シーバスと呼ぶらしい、スズキの一種)のソース」をチョイス。
a0286469_1710195.jpg

このスパゲッティは、オススメというだけあってかなり美味い!ムール貝とアサリが山盛り、海老も5尾ほど入っていて、絶妙の茹で加減のスパゲッティを魚介の旨みたっぷりで頂けます。量もたっぷり、セコンド(二皿目の料理、メイン)も頼む人は、これを2人で一人前頼んでも良いでしょう。
パンのニョッキはこの地方の独特のものらしく、優しい味と食感の僕の好物です。でもやっぱり伝統的な「筋肉煮込みのソース」の方が好きかなー。

セコンドには単にイワシのフライを注文。これも美味かった!良いイワシでした。他の選択としては、鯛の丸焼き、イカの鉄板焼き、もしくはフライなど、定番ものばかりでした。昨日は。
a0286469_1715475.jpg
さらにサラダ、白ワイン半リットルを頼んで、お会計は35€。魚料理にしては、なかなか良心的なお値段と言えます。
a0286469_17174356.jpg
a0286469_17183187.jpg
トリエステは港街なので魚料理を楽しみにしてくる方もいらっしゃるかと思いますが、この「スカルポン」は気取らない庶民の魚料理を食べるには打ってつけのお店です!「スパゲッティ・スコーリョ」、かなりの勢いです、ぜひお試しください!

よろしかったら、クリックして応援お願いします!↓

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ねーさん at 2013-01-28 19:51 x
美味しそうだぁ!!
トリエステに行ったときに、知ってたらなぁ・・・。

ま、またいつか機会を作りましょう。
Commented by mitsugu-ts at 2013-01-29 07:32
ねーさん、あの頃はトリエステの店のことなんか何にも知らずに、残念でした。この魚介スパは、きっと気に入ってもらえるはず、ぜひまたいらっしゃい!
by mitsugu-ts | 2013-01-28 17:24 | 続・トリエステの歩き方 | Comments(2)

イタリアの東北、風の街トリエステで生活するコントラバス弾きmitsuguのブログ。トリエステ情報や音楽、コントラバスに関する考えをまとめています。ときどき近況も。どうぞよろしく!


by mitsugu-ts